おまとめローンをきっかけに返済計画を見直す

自転車操業をしていたところから、おまとめローンを数本利用すると負債が一気に減ったような錯覚に陥ります。金利の安いおまとめローンの利用が1〜2本までに落ち着けば大分返済が楽になるためです。一本化したローンの支払いを抱えている最中に、他のローンの返済が終わると「新たな借り入れをしませんか?」「完済していただきましたので、増枠しましたよ」などとお知らせを受け取ることがあります。人の良い方は注意しましょう。基本的にローンを抱えているうちは、他のローンを新たに契約しない方が無難です。


<自分に合った返済計画を立ててみる>

一本化はローンの本数を減らすシステムなので、必然的に新しくローンを組みやすくなります。しかし新たな借り入れを提案してきた金融会社は、提案している相手がおまとめローンにしたので完済できたことを知りません。もしここでローンを新たに組んでしまうと、そもそもおまとめローンを組んだ意味がなくなってしまいます。そこで一本化をきっかけに、ご自身の返済計画のモットーを決めてしまうことをお勧めします。

例えば返済計画を立てることが得意でない方は、普段の買い物は即支払か、翌月一括払いにしておくと決めてしまうなどです。支払回数を多く設定すれば高い物もできますが、月々の支払額が安いのでさらに他のローンを抱える原因になります。いざといときは一本化も良いですが、その場合も月々の支払いがどの程度になったら申し込むかなども予め決めてしまうと今後が楽になります。