おまとめローンを扱っている金融機関

おまとめローンは複数の借入先を借り換えによって一本化する事を広く指しますが、その定義はあいまいです。借り換え専用の商品プランそのものの事を言う場合もあれば、一般のカードローンを利用して一本化する行為の事を言う場合もあります。ただ、いずれの場合のおまとめローンでも大別するとシンプルに、二つに分ける事ができます。


銀行が行っているおまとめローン

おまとめローンを扱っている金融機関は大きく分けると、銀行とノンバンク(非銀行)の二つに分ける事ができます。銀行が扱っている商品の特徴としてよくあげられるのが、金利が安く利用限度額が高い事です。収入の1/3を超える借入を制限する貸金業法、総量規制も銀行なら対象外になる為、安心してローンの一本化を図ることができます。利息面や金利面で優れた商品が多くおまとめには比較的に向いている母体だと言われていますが、反面審査にはある程度の時間がかかり、審査基準も厳しめと言われています。


銀行以外が運営している場合

銀行以外が運営しているおまとめローンをしばしば銀行以外という意味でノンバンク系と呼ぶ事があります。ノンバンク系には主に消費者金融や信販会社などが該当します。銀行系に比べて審査基準が甘く、また融資までの速度が速いのが特徴的です。ただ一方で銀行と比べると金利は高めで、限度額も少なめの傾向にあります。