8月 2014

You are currently browsing the monthly archive for 8月 2014.

おまとめローンの審査基準にはどんなものがあるのでしょうか。一般的なもの以外にもあまり気をつけていない部分が確認されることがあるので、気をつけておかなければ通らない可能性があります。いざという時は確実に利用したいもの、とくに利用する必要がある状況になる可能性がある人は確認しておきましょう。


<確実に審査されるポイント>

おまとめローンで確実に審査されるものと言えば収入です。会社にも正体を隠して確認の電話がされるので、絶対に嘘をついてはいけません。もし嘘をつくと長期的に悪影響を及ぼす可能性があるので気をつけましょう。また、その仕事を何年続けているのかの重要なポイントとされ、長いほうが高い評価を得ることができ審査に通りやすくなります。これらは確実にチェックされる点です。


<意外な基準>

中には少し変わった点を審査されることもあります。とくに時間がかかるおまとめローンはそういった変わった点も確認します。例えば持ち家です。家を持っているということはアパートなどに比べて家賃の支払いがないため返済に割ける金額が多くなるため良い評価を得ることができます。また、合計の借り入れ件数も限られている場合があり、あまりにもいろいろなところから借りているとおまとめローンを利用することができない場合もあります。

おまとめローンは2社以上の借金を返済するための返済専用ローンや、高額ローンを借りて、一括返済を行うためのローンとなっています。場合によっては利息の安いローンに切り替えて返済負担を減らせるとも言われていますが、このコツが期間にあるそうです。


おまとめローンは返済する回数に注目

おまとめローンでは返済するプランを自分で新しいローンとして再設定することができます。毎月の返済額の負担を減らすことができる可能性もあるわけですが、返済はほとんどのローンと同じように残高スライド式リボルビング返済となりますから、返済する回数に応じて、利息を支払う回数や金額も決まってくるということです。そのため、自分でおまとめローンプランを考えるなら、返済期間を考えましょう。


短い期間のほうが負担は少ない

毎月少しずつ、負担のない返済を続けるというのももちろんアリなのですが、そうすることで総額の負担そのものは大きくなります。できるだけ毎月の返済額は高いほうが利息負担を少なくする効果は狙いやすくなります。ただし無理をして返済できないなどでは、遅延分の利息が適用、更に負担を膨らませてしまいますから、プランニングはしっかりと行いましょう。