キャッシングは、今とても簡単に利用が出来るようになりました。審査が簡易化され、また、人々のお金を借りるということに対しての抵抗も無くなってきました。そのようなことが原因と考えられます。その、「借り入れの一般化」が進むことで出てくる危険性が存在します。それは、返済のための借り入れです。

■□■借り入れを繰り返さずに「おまとめローン」を利用する■□■

沢山の会社から、借り入れをしてしまい、毎月返済に追われてしまっている人は多いようです。そのような時に便利なのが「おまとめローン」なのです。返済が出来ずに、返済の為に借り入れをしてしまうなんて絶対にしてはいけません。借金が膨大に膨れ上がるだけです。おまとめローンとは、いったん新たな会社で、現在あるすべての返済をしてもらうのです。そして、その後はおまとめローンを組んだ会社へのみ返済をしていきます。金利を軽減できる可能性がありますし、返済期間を延ばすことで、毎月の返済額を少なくするという事も可能です。

■□■精神的余裕もできる■□■

おまとめローンにすることによって、沢山の会社の返済に追われるという、精神的なストレスからも解消されます。そのことによって、返済にたいしてしっかりと考えることが可能であり、より完済に近づくと言えます。

おまとめローンは「小口の借金を複数持っている」という人にぴったりです。まとめると金額が大きくなるため、それだけ低い金利が適用される可能性が高いからです。ただしあまり返済期間を長く設定してしまうとかえって金利負担が大きくなってしまうことがありますので、そこには注意が必要です。


<おまとめローンの審査に落ちてしまったときには>

小口のローンを複数抱えている人が、おまとめローンには向いていますが、複数の借金があることで、おまとめローンの審査に落ちてしまうことがあります。そういったときにはまず件数を減らす努力をしましょう。3件のおまとめを行うのはそう難しいものではありませんが、4件以上になるとかなり厳しくなります。もし一つのカードローンに借入可能な金額があって、その金額で一つの借金を完済できるといった場合には、それによって返済してしまう件数を減らすというのも有効な手段です。同じ金額の借金であっても、おまとめローンの審査には、件数が少ないほうが有利なのです。それが出来ないのであれば、その金額に到達するまでコツコツと支払ってゆきましょう。また完済したときには解約することも必要です。借入可能枠が残っていると借入を行っているのと同様の扱いを受けることがあります。

現在、色々な場所から借入を複数してしまい毎月の返済に追われている人はいませんか?
場所が違うと金利手数料も異なりますし、それぞれ支払わなければいけないので少し大変になってしまいますよね。
そんなときに活躍してくれるのがおまとめローンなんですよ。
複数あるローンを一つにまとめることが出来るから、精神的なストレスを減らすことも出来るのではないでしょうか?


■□■おまとめローンを利用しているときの注意■□■

こちらを利用しているときの注意としては、他社などから借入をしないようにすることですね。
せっかくおまとめローンを利用して毎月返済をしているのに、新しく借入をしてしまうとその返済もしなければいけませんし印象も悪くなってしまいます。
まずは今ある借り入れの返済を済ませてから、落ち着いて借入をするようにした方がいいでしょう。
返済をするためにおまとめローンを利用しているわけですから、返済を最優先していくようにして下さいね。


■□■資料請求をしよう■□■

利用する前には、資料請求した方がいいかもしれません。
また、担当者に色々質問をしてから利用先を決めるという方法でもいいと思うので、情報を把握しましょう。
何か困ってしまったことがあれば、おまとめローンの担当者に相談をしてみて下さい。
きっと、いいアドバイスをもらう事が出来るでしょう。

自転車操業をしていたところから、おまとめローンを数本利用すると負債が一気に減ったような錯覚に陥ります。金利の安いおまとめローンの利用が1〜2本までに落ち着けば大分返済が楽になるためです。一本化したローンの支払いを抱えている最中に、他のローンの返済が終わると「新たな借り入れをしませんか?」「完済していただきましたので、増枠しましたよ」などとお知らせを受け取ることがあります。人の良い方は注意しましょう。基本的にローンを抱えているうちは、他のローンを新たに契約しない方が無難です。


<自分に合った返済計画を立ててみる>

一本化はローンの本数を減らすシステムなので、必然的に新しくローンを組みやすくなります。しかし新たな借り入れを提案してきた金融会社は、提案している相手がおまとめローンにしたので完済できたことを知りません。もしここでローンを新たに組んでしまうと、そもそもおまとめローンを組んだ意味がなくなってしまいます。そこで一本化をきっかけに、ご自身の返済計画のモットーを決めてしまうことをお勧めします。

例えば返済計画を立てることが得意でない方は、普段の買い物は即支払か、翌月一括払いにしておくと決めてしまうなどです。支払回数を多く設定すれば高い物もできますが、月々の支払額が安いのでさらに他のローンを抱える原因になります。いざといときは一本化も良いですが、その場合も月々の支払いがどの程度になったら申し込むかなども予め決めてしまうと今後が楽になります。

おまとめローンは大まかに分類すると2種類に分かれると言われています。これはどのような違いがあり、どのようなメリット、デメリットがあるのかをご存知ですか?利用する会社が消費者金融か、銀行かでも変わってきます。


■□■消費者金融のおまとめローン■□■

消費者金融が行っている多くのおまとめローンが、おまとめ専用ローンなどと呼ばれる、実際に現金を借りることなく借り換えを行うものです。消費者金融では年収の3分の1までしか借り入れができないという制限があることはご存知かと思います。しかし、おまとめローンでは金額が大きくなることから、この制限から除外されたローンサービスなのです。ただし、借り換え専用となるので、実際に現金を借りることはできません。


■□■銀行では高額ローンを利用できることも■□■

銀行でおまとめローンを利用する場合、限度額が高額になるローンで借り換えを行うことができます。これは専用ローンではなく、通常のフリーローンのようなものです。一度大きな金額で現金を借りて、借金は一括で返済します。そのお金を返済することで借金を一本化するというのが、銀行のおまとめローンで多いものと言われています。ただし、このローンの場合は限度額内であれば現金を借りることができてしまうので、借り換えのため以外にはお金を絶対に借りないようにしなくてはだめです。

おまとめローンについて知りたいことってやっぱりありますよね?
利用されている方でしたらご存知だとは思いますが、まだ一度も利用された事の無い方は知らない事や気になることがあるはず。
まず気になるのはやはり審査の事ではないでしょうか。
審査は厳しいのかどうか、審査の仕方は個人情報をお申込みフォーマットへ記入することから始まります。
コンピューターに入力していきますのでミスの無いように入力をしましょう。


■□■おまとめローンの審査に通るには?■□■

おまとめローンの審査が厳しいとおっしゃる方もいますが、甘いところは逆に信用性に欠けてしまいますので厳しいところの方がよろしいかと思います。
一般的な基準としては、公務員や大手企業だと◎・中小企業ですと〇・パートやアルバイト、自営業ですと△・無職は✕となっているそうです。
また、勤続年数に関してですが5年以上は◎・1~5年未満だと〇・1年未満は△となっているそうです。
それなので、おまとめローンを利用しようかとお考えの方がいましたら利用される前に確認しておく事を忘れずに!


■□■在宅確認も必要になります!■□■

審査が通った際には、次に在宅確認が行われます。
在宅確認とは、フォーマットに入力した自宅に電話をし本当に住んでいるのかどうかを確認することです。
直接、記入された自宅に連絡をしてくるのではなくてNTTの電話帳や104案内を使い固定電話回線の確認を行うのだそうです。
104非公開としている方がいらっしゃるかと思いますが、それでも「お客様の申し出により・・・」とガイダンスが流れて確認が出来たことになりますので何も心配はいりませんので安心して下さいね。

参考LINK:おまとめローンのおすすめ情報

おまとめローンでは、一社からお金借り換えて、複数ある借金を返済することを指しています。このローンでは新しくお金を借りるわけではありませんが、新しいローンでお金を借りるため審査に通過する必要があります。


■□■おまとめローンで完済を目指す人■□■

おまとめローンは完済を目指すために、返済にかかる物理的な負担を減らすメリットがあるほか、利息の安いローンに借り換えることで支払う利息の負担を減らす効果があります。そのため、ほかで債務をもう作らずに、完済を目指す人には非常にうれしいローンとなっています。借りる金額が高くなることがあらかじめ予測されることから、総量規制という年収を基準にして決まる借入金額の限度額の法律もおまとめローンは除外されているので消費者金融で借入額が規制ギリギリという人でも利用することができます。


■□■負担が減ることで債務を増やしてしまわないで!■□■

おまとめローンでは、返済の負担が減ったことから心理的なストレスを解放してくれます。そのすっきり感から、また借金を作ってしまうという人には残念ながら不向きです。返済の物理的な負担が減っただけで、借金がすべてなくなったわけではないのです。便利なサービスですから、キチンと完済を目指して返済していきましょう。

おまとめローンを利用できたおかげで借金を完済することができ、しかも予定より2年も早く完済できたのです。


おまとめローンで借金から解放されました

おまとめローンに申し込みした時の状態としては、年収250万前後で消費者金融とクレジットカード合わせて3社から借り入れがあり、金額の合計は300万でした。正直にいって借金の返済に追われる毎日に疲れ果ててしまい自己破産しようかなと思っていた時期もありました。しかし自己破産してしまったら「借金を抱え過ぎて自己破産した自分」になってしまい、その事実からは一生逃れられないし消すこともできないと考えたら怖くなってしまい、おまとめローンにダメ元で申し込んでみることにしました。


親身に相談に乗ってくれて無理のない返済が可能に

何より嬉しかったのが返済最優先のプランではなく、無理なくきちんと返済し続けることが可能なプランを一緒に考えてくれたという点でした。ボーナス期は少し多めに返したいと持ちかけると、「冬のボーナスはご家族サービスで飛んでしまう可能性もありますよね。夏のボーナス期だけにしますか?」などと、自分の家庭事情なども組んでプランを考えてくれました。おかげで本当に無理なく返済を続けることが可能で、年1回は家族で近場に旅行することも出来て、しかも利用前の計算より2年も早く完済できました。本当に利用してよかったです。

今この記事を読んでくださっているあなた。このサイトに訪れたということは、やはりおまとめローンの利用を考えていらっしゃいますか? そうなのでしたら、まずはおまとめローンがどういったものなのかを知った上で利用をしていただきたいので、こちらでその簡単な説明をしていきたいと思います。


おまとめローンで借金を一本化させましょう!

簡単に言ってしまえば、おまとめローン=借金を代わりに返済してもらうこと、です。おまとめローンを取り扱う金融機関があなたの借入を一度全て代わりに払ってくれます。なので、次からあなたが返済をするべきなのはその金融機関1社だけで済むのです。今までは何社にも渡って払っていた借入が1社にまとめられるので、金利も最低限に抑えられる様になります。


返す時も楽チン!

おまとめローンを利用するメリットは金利だけではなく、返済にかかる手間も省けるという利点があります。何ヵ所にも返済をしなくてはいけないとなると、それぞれの返済日に合わせて銀行やATMにその都度行かないといけないのでコストや労力もかかります。しかし全ての返済を1つの金融機関にまとめてしまえば、月に1度の返済で事が済むのでとても楽です。こういった便利さも見逃せません。

おまとめローンをこれから利用しようと考えている人にとっては、審査の知識を持っている人も多いともいますが、改めて審査についてみましょう。おまとめローンは、他のカードローンやキャッシングよりも審査が厳しいという面はありますが、少しでも審査に通る確率を上げるためにも最低限やってはいけないことを抑えてから申し込むようにしましょう。


おまとめローンの審査でやってはいけないこと

お金を貸して、ちゃんと帰ってくるのかどうかを調べるのがおまとめローンなどの審査です。借入れが出来るかどうかのすべてはここにかかっていますので、申し込む時には慎重にならなければなりません。その時にやってはいけないのが、自分の情報を偽ることです。


申し込む時には正直になろう

お金を貸す立場からすれば、ウソの情報を申告するような人は信用できないと思うのは当然です。また、どんなに自分を偽っても、個人信用情報機関などで照会すれば最終的にはウソはばれてしまうものです。なので、他社の利用件数や年収、勤務先など相手が知りたいと思った情報には、素直に答えることが吉です。どんなに甘い会社でも、お金を貸す側も人間なので、信用がおけない人には絶対に融資はしません。まずは、自分の状況を整理してから審査で聞かれて困らないように事前に準備をしましょう。

【関連サービスサイト】
カードローンの比較センター(http://www.esc9.info)
おまとめローンではなく、カードローンサービスについて深く掘り下げているサイト。カードローン会社を細かく比べることが可能です。

おまとめローンの審査は厳しい事が多く、審査前の準備は念入りに行なう必要があります。また、即日審査が完了する消費者金融系カードローンとは違い審査に1~2週間はかかるのが普通です。余裕を持って審査を受け、また受からなかった時の為に他の対策を考えておく事が大事です。


おまとめローンは実際に返済額を減らす事が重要

おまとめローンでは一本化する事で金利や返済日の統一を図る事ができる為、返済期間の金額的な負担や精神的ストレスを軽減できるとされています。しかし、おまとめローンの利用を考えている方は借入軒数の多い多重債務者であるため審査通過する事自体難しい事が多いようです。審査の基準が軽めのおまとめローンでは金利が高く、返済額の圧縮に直結した効果を得られるものではない事がほとんどです。しかし、おまとめローンを利用する事で効率的に完済を目指す事が可能です。


審査に落ちても諦めない

大事なのは一度審査に落ちてしまったからと言って諦めずに、次に審査を受ける時までに借入先と借入残高の削減する努力を行う事です。審査に一度落ちてしまうとお申込み履歴が半年間されるので立て込んだ申込はリスクの高い資金困窮者としてみなされてしまいより審査の評価を悪くしてしまうため時間をおく事が必要です。その時間で少額の借入先優先に完済するなどできる事から徐々に実践していきましょう。

おまとめローンは複数の借入先を借り換えによって一本化する事を広く指しますが、その定義はあいまいです。借り換え専用の商品プランそのものの事を言う場合もあれば、一般のカードローンを利用して一本化する行為の事を言う場合もあります。ただ、いずれの場合のおまとめローンでも大別するとシンプルに、二つに分ける事ができます。


銀行が行っているおまとめローン

おまとめローンを扱っている金融機関は大きく分けると、銀行とノンバンク(非銀行)の二つに分ける事ができます。銀行が扱っている商品の特徴としてよくあげられるのが、金利が安く利用限度額が高い事です。収入の1/3を超える借入を制限する貸金業法、総量規制も銀行なら対象外になる為、安心してローンの一本化を図ることができます。利息面や金利面で優れた商品が多くおまとめには比較的に向いている母体だと言われていますが、反面審査にはある程度の時間がかかり、審査基準も厳しめと言われています。


銀行以外が運営している場合

銀行以外が運営しているおまとめローンをしばしば銀行以外という意味でノンバンク系と呼ぶ事があります。ノンバンク系には主に消費者金融や信販会社などが該当します。銀行系に比べて審査基準が甘く、また融資までの速度が速いのが特徴的です。ただ一方で銀行と比べると金利は高めで、限度額も少なめの傾向にあります。

おまとめローンは、基本的には普通の少額のキャッシングよりは審査が難しいと言われています。実際にそうです。審査が基本的には、少し厳しく、少し時間がかかるところが多いようです。ですが、それは、おまとめローンの良い所である低金利につながっていくのです。審査の厳しさと低金利の関連性を簡単に紹介したいと思う。

おまとめローンの審査は時間がかかる

おまとめローンを組むには、今までの借入情報をしっかりと申告することが義務付けられます。金融機関も今までの借り入れをしっかりと把握しなければ、新たに融資などできません。沢山の書類を用意し、提出する。これだけでも、時間がかかりますね。そして、その資料をもとに、金融機関は新たに融資をしても大丈夫か、信頼性があるかを判断するのです。ここでも時間がかかります。申込みから審査までとても時間がかかるのです。ですが、この慎重な審査によってあなたの払わなくてはならない金利が決定されるのです。きちんとした書類をどこまでしっかりと提出できるか。これが要です。せっかくのおまとめローン。しっかりと審査をすることによって、少しでも支払う金額を減らしたいものですよね。面倒な手続きで諦めることなく、将来が楽になると思って、しっかりと審査を行うことが必要でしょう。